FirebaseのCrashReportを使ってみる


FirebaseのCrashReportを使ってみる




Fabricが買われたのでアプリに入れるクラッシュレポートをFabric (Crashreport)ではなくてFirebaseのCrashreportを入れてみました。

実際に入れようとするとつまづいたので、

「癒やしの音楽/自然の音を聞いて集中力アップストレス発散!疲れを取る、睡眠寝やすく」

にも次のアプリにも入れれてません。

今日やりかたをやっとわかりました。

公式のRunScriptだとうまく行きません。

基本的に手順は公式にあります。

公式手順

2箇所くらいひかかる箇所があったので解説かいます。

引っかかない部分は適当に書きます。

手順

1.CocoaPodsでインストール

pod ‘Firebase/Crash’

でインストール

2.シンボル ファイルをアップロードする

の手順なんですがなんかうまくきませんでした。

アカウント作る際に

Firebaseシンボルファイル編集者

編集者を選択

Firebaseシンボルファイルアップロード

Firebaseクラッシュシンボルアップロードを選択

この2つを選ぶが必要でした。





<pre># Replace this path with the path to the key you just downloaded
JSON_FILE=Path/To/ServiceAccount.json

# Replace this with the GOOGLE_APP_ID from your GoogleService-Info.plist file
GOOGLE_APP_ID=1:my:app:id

defaults write com.google.SymbolUpload version -integer 1   # creates file if it does not exist
JSON=$(cat "${JSON_FILE}")
/usr/bin/plutil -replace "app_${GOOGLE_APP_ID//:/_}" -json "${JSON}" "$HOME/Library/Preferences/com.google.SymbolUpload.plist"
"${PODS_ROOT}"/FirebaseCrash/upload-sym

ってあるんですがこれでは駄目でした。
jsonのパスはなんかうまくいかないのでフルパスで/User….と直接していてそれでもエラーが出ます。

"${PODS_ROOT}"/FirebaseCrash/upload-sym
の部分に問題があるようで調べてみると

引数にjsonが必要なようです。

なんでスクリプトとしては

# Replace this path with the path to the key you just downloaded

JSON_FILE=Path/To/ServiceAccount.json

# Replace this with the GOOGLE_APP_ID from your GoogleService-Info.plist file

GOOGLE_APP_ID=1:my:app:id

defaults write com.google.SymbolUpload version -integer 1   # creates file if it does not exist

JSON=$(cat "${JSON_FILE}")

/usr/bin/plutil -replace "app_${GOOGLE_APP_ID//:/_}" -json "${JSON}" "$HOME/Library/Preferences/com.google.SymbolUpload.plist"

"${PODS_ROOT}"/FirebaseCrash/upload-sym "${JSON_FILE}"

になりました。

"${PODS_ROOT}"/FirebaseCrash/upload-sym "${JSON_FILE}"
と引数にJson追加してます。これでエラーなくなります。
実際には

FIRApp.configure()

さえしてれレポート自体は届く模様

届くレポートの差は以下です。

FirebaseCrashReport FirebaseCrashReport

って感じでシンボルファイルをアップロードしてくださいが消えます。

実際にこのスクリプトのおかげで詳細になったのかは同じエラーじゃないのでわかりませんがw

とりえあずこのスクリプトでうまくうごくはずです。

Fabricよりいいかどうかは実際に運用開始してからまた記事かければと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です