TangoのMotionTrackingのサンプルやってみた。


TangoのMotionTrackingのサンプルやってみた。

追跡するやつですね。

とりあえず、本家のやつ1つやってみたので簡単にですがまとめます。

アウトプット大事!

本家の手順としては

Tangoのプロジェクト設定

MotionTrackingのサンプル

1.Tangoのプロジェクト設定

1-1.プロジェク作成

Unityプロジェクト作成

3Dで作成します。

1-2.レイアウト変更

Unityレイアウト

なんかサンプルがよく2by3なので2by3に設定します。

tangoのアセットインポート

ここにあるtangoのアセットをダウンロード選択して

インポートします。

1-3.MainCameraの削除

MainCameraの削除

Tangoは専用のカメラ使うみたいなので「MainCamera」を削除

1-4.Tango Managerの追加

TangoManagerの追加

TangoPrefabs→TangoManagerをプロジェクトにドラッグ&ドロップで追加します。

1-5.プロジェクト設定

プロジェクト設定

Androidを選択して、「Switch Platform」でAndroid用プロジェクトにします。

プロジェクト設定 プロジェクト設定

Player SettingからInspectorを開いて、「Default Orientation」をlandscape Leftに変更

Package Name を適当にに変更して

Minimum API Levelを4.2に設定します。

この辺は公式の画像見ればわかると思います。

2.モーショントラッキングの設定

2-1.カメラの設定

tangodeltacamera

TangoDeltaCameraをドラッグ&ドロップで追加します。

Tango用のカメラはこれともう1つARがあるみたいです。

2-2.GameObjectの追加

Cube追加

CubeのGameObjectを追加します。

同じ様にplane,Sphereも追加します。

2-3.ポジション修正

position修正

上記の用に修正します。

Cube: position = 3,1,0.

Sphere: position = 0,1,3.

Tango Delta Camera: position = 0,1,0.

Plane: position = 0,0,0.

Directional light: position = 0,3,0.

2-4.実行

メニューから「File」→「Build Settings」を選択して

「AddOpen Scene」を選択、適当な名前でシーンを保存して追加します。

「Build and Run」で端末で実行されます。

 

3.実行結果

エリアラーニング実行結果

実行結果はこうなりました。

オブジェクト置く意味はないですねw

青い線が移動すると増えます。

要は移動した所に線が引かれていきます。

それだけです!

でもこれだけしかやってないのにこの機能ができちゃうんですね。

Cameraのプレハブにそれだけの機能が入ってるってことか。便利だ。。。。

引き続き他も実行しています!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です